編者の編み物54

雨の季節を迎え、街角の紫陽花が美しく映えるなぁ、と思う今日この頃です。

ふと色鮮やかな紫陽花ばかりに目がいってしまいますが、バラも見頃を迎えています。

最近では色々な種類のバラがありますが、先生はスケッチをもとに、黄色いバラを描いてくださいました。絵のメインとなるバラの花には、黄色とオレンジの中間くらいの色を付けられ、墨彩画に仕上がりました。墨で描かれた葉や茎、蕾の間から、存在感のある花が見える絵となりました。

先生の手ほどきを見ていると、一瞬の輝きを絵にしていく様子が伺えました。

日常の生活の中にある、季節感のある絵を描いてみるのも、面白いものです。

ご案内





黄墨会の公式FACEBOOKページです!

上のボタンをクリックしてください!