現代水墨画教室 黄墨会 の公式ホームページです。

このホームページでは、横浜を中心に活動している黄墨会の教室や生徒作品、展覧会等の最新情報をご紹介しています。

 


2019年

8月

03日

暑中お見舞い申し上げます!

暑中お見舞い申し上げます!

 

梅雨明けからまだ一週間も経っていませんが、連日猛暑日が続いています。

向日葵もすっかり背が高くなり、明け方から太陽に向かって元気に咲いていました。

夏真っ盛りということもあり、海や川、避暑地の高原など、さまざまなところに出かける機会がありそうです。

いろいろな場所で普段は出会えない人やものに出会うと、絵の着想はもちろん、多くの収穫が得られそうです。

体調に異変が生じそうなくらいの暑さですが、くれぐれもご自愛ください。

何をするにも決して無理はせず、水分や塩分、ミネラルなどをこまめに補給して、今年の夏を元気に乗り切りましょう。

2019年

7月

28日

編者の編み物72

関東地方は梅雨明け前ですが、やっと夏らしい陽気になってきました。教室では汗をかきながら、自分なりの絵を描いています。

夏といえば、旅の季節!

日常とは違う環境に身を置くことで、湿度や日の強さ、空気感や風の匂い、往来の音など、旅の場面で感じられることは多いです。旅で得られたちょっとした感動やちょっとした出会いこそが、日常を離れたからこそ得られたものであり、逆に言えば、日常の中では出会えなかったであろうものなのでしょう。そういう出会いを絵にしたいという気持ちは共感できます。

水墨画だからこそ、その絵を見た人が、描いた人が何を感じ何を考えたのかを想像し、絵を通してまた新たに何かを感じるのでしょう。

先生が写真を見ながらお手本を描いてくださいました。

先生はささっと描かれますが、通りの奥行きや明暗など、難しいものです。

第一印象を重視して、考えすぎずに見えたままを描くことが大切だと仰っていました。

さあ、いよいよ夏本番!

どこか旅に出て、自分なりのアンテナで新しい何かを見つけてみたいものです。

2019年

7月

13日

編者の編み物71

連日の雨や曇りで日照時間も少なく、梅雨明けが待ち遠しい今日この頃です。

先日の教室では、先生がスケッチに行った龍口寺の絵を描いてくださいました。

スケッチに行った際に、先生から構図の取り方や遠近感の付け方などを教わりましたが、実際にスケッチを水墨画にするとなると、やはり難しいものです。

同じ場所を訪れてスケッチをして、同じような写真を撮りましたが、先生が描くとなると、どこか違うように感じます。絵ができていく過程を間近で見ていると、確かにこんな景色だったなぁと、新緑や青い空、わずかに感じた潮の香りが蘇ってくるようでした。

お手本をもとに教室でも絵を描きましたが、難しいながらも、それぞれが訪れた印象を絵に表現できました。

続きを読む

2019年

6月

25日

生徒作品を更新しました

生徒作品を更新しました。

作品紹介よりご覧ください。

 

2019年

6月

02日

編者の編み物70

令和元年も一ヶ月が過ぎ、早いもので6月に入りました。

先日は、教室を超えてスケッチが行われ、江ノ島駅の目の前の寂光山龍口寺に行きました。

縁起は延元二年、1337年だそうで、700年近くの歴史があるお寺です。晴れて良いスケッチ日和でしたが、このところの夏日続きで、とても暑い1日でした。

それぞれ本堂や五重塔など、それぞれが描きたいところを描き、思い思いのスケッチをすることができました。

龍口寺を出ると江ノ電が走り、湘南に来たなぁと奥床しさを感じますが、かつてはお寺の目の前に、相模湾の海や江ノ島が広がっていたのかもしれませんね。

スケッチの後は、まだ微かに感じられる春風や海風を浴びながら、風光明媚な地を散策しました。

※当ホームページ内におけるすべての文章・画像の無断転載を禁じます。

ご案内





黄墨会の公式FACEBOOKページです!

上のボタンをクリックしてください!