現代水墨画教室 黄墨会 の公式ホームページです。

 

横浜を中心に活動している黄墨会の教室や生徒作品、展覧会等の最新情報をご紹介しています。


 芸術の秋、水墨画をはじめませんか!

 

各教室で新規会員募集中です!

 

お問い合わせからお気軽にご連絡ください!


生徒作品を更新しました

生徒作品を更新しました。

作品紹介よりご覧ください。

 

台風19号が接近し、関東にもこれから上陸する模様です。

今日は教室もお休みですが、みなさまも風や雨には十分に警戒してください。


編者の編み物74

 

だんだんと秋らしくなってきたと思えば、もうすぐ9月も終わりです。

この日の教室では、今年の第50回黄墨会展のポスターやハガキの絵になっている、先生の絵をお手本に、冬の会津の風景を描きました。

ポスターの絵を見ていると、今にも雪が降りそうな曇天の下に、凛とした真冬の空気感が漂い、降り積もった雪の間を音もなく流れる川面の風景のように見えました。これは家か木かなど、見る人それぞれの解釈ができて、見ていて飽きない絵だなぁと改めて思いました。

先生がお手本を描かれるのを見ていると、具象と抽象の間を描いているようで、あっという間に会津の雪景色が描き上がりました。あまり考え過ぎずに勢いよく描き、墨の偶然のにじみや濃淡を活かして、思うがままに描くことが大切だと感じました。

それぞれの会津風景が描き上がったところで、先生が茅葺集落の絵を描いてくださいました。

写真を見ると、茅葺の家々の屋根には雪がずっしり積もっていて、豪雪地帯の暮らしの大変さが感じられました。絵になる過程を見ていると、背景の杉の木も、家と同じく風雪に耐えて立っていることに気づき、とても印象的に思えました。

 


続きを読む

ホームページをリニューアルしました!

黄墨会のホームページをリニューアルしました。

これまでのホームページもすっきりと見やすく、わかりやすいホームページを目指します。

今後とも引き続き、黄墨会のホームページをよろしくお願いいたします! 


編者の編み物73

今日からいよいよ9月に入りました。

朝夕は少しずつ涼しくなってきて、日に日に季節が進んでいることを実感できますね。

この日の教室では、先生のお手本を元に、奈良の法隆寺を描きました。

一見するとお手本は難しいように思えますが、先生が描いてくださるのを間近で見られるので、筆遣いや濃淡の付け方など、毎回勉強になります。

まだまだ修行の身ですが、いつの間に構図の取り方や表現の仕方がわかってきて、自分らしい水墨画が描けるようになってきたと思います。

教室で水墨画を描くと、自分の絵がどんなものか、遠くから見るだけでも客観的に、冷静に見るきっかけになります。絵の善し悪しではなく、今の自分の立ち位置を知ることができます。先生がその場で手直しをしてくださるので、どうすれば良いかもわかります。

やはり教室に行くと多くを得られるなぁと思いつつ、この日の教室も実りのある時間となりました。

 


暑中お見舞い申し上げます!

暑中お見舞い申し上げます!

 

梅雨明けからまだ一週間も経っていませんが、連日猛暑日が続いています。

向日葵もすっかり背が高くなり、明け方から太陽に向かって元気に咲いていました。

夏真っ盛りということもあり、海や川、避暑地の高原など、さまざまなところに出かける機会がありそうです。

いろいろな場所で普段は出会えない人やものに出会うと、絵の着想はもちろん、多くの収穫が得られそうです。

体調に異変が生じそうなくらいの暑さですが、くれぐれもご自愛ください。

何をするにも決して無理はせず、水分や塩分、ミネラルなどをこまめに補給して、今年の夏を元気に乗り切りましょう。

 




※当ホームページ内におけるすべての文章・画像の無断転載を禁じます。